ツムツム 5月美女と野獣スコアチャレンジ開催!上位入賞のコツは?

ツムツム 5月美女と野獣スコアチャレンジ開催!上位入賞のコツは?

来月のツムツムは「美女と野獣」一色に!

最新情報まとめ

5月イベント&新ツムが判明!

美女と野獣スコアチャレンジ

ツムツムでは2017年5月に「スコアチャレンジ(score challenge)」第三弾を開催予定!今度のスコアチャレンジの主役は「美女と野獣」シリーズのツムたち。この記事ではスコアチャレンジの最新情報や攻略法を掲載していきます。

2017年5月開催スコアチャレンジの概要

期間 2017年5月31日まで(開始日は5月24日前後?)
内容 期間中イベントカード「スコアチャレンジ」を選択し、美女と野獣シリーズのツムをマイツムにしてプレイすると、出したスコアがランキング化!全国のツムプレイヤーと順位を競い合えます。
報酬 ランキングに応じた期間限定のピンズ。

イベントで使えるツムの一覧

野獣 野獣

いわずと知れたコイン稼ぎ最強の人気ツム。コイン稼ぎとくらべてスコア稼ぎはそこまで得意ではありませんが、スキルレベルがそれなりに育っていれば(スキルレベル5以上)他のツムよりも優位なはず。今回のイベントで使うべきツムの第一候補は間違いなく野獣でしょう。

ベル ベル

スキルレベルが低いうちからそこそこ稼げる優秀なツム。野獣のスキルレベルが育っていない場合はベルで挑んだ方がスコアを稼げるかもしれません。

ロマンス野獣 ロマンス野獣

5月の新ツム。新バージョンの野獣です。

ロマンスベル ロマンスベル

5月の新ツム。新バージョンのベルです。

ガストン ガストン

5月の新ツム。美女と野獣のヴィランです。

ルミエール ルミエール

5月の新ツム。ろうそくの姿の給士です。

ポット夫人 ポット夫人

5月のイベント「ルミエールのおもてなし」のイベント報酬ツムです。

スポンサードリンク

スコアチャレンジ!その内容は?

スコアチャレンジとは、全国のツムツムプレイヤーたちとスコアを競い合う対戦型のイベント

ただし、どのツムを使ってもいいわけではなく、使用できるツムが限定されている点がポイントです。

ツムツムでは過去2回スコアチャレンジイベントが開催されており、2015年11月に開催された第1回目のスコアチャレンジのときは「ミッキー」のツム、2016年2月に開催された第2回目のスコアチャレンジのときは「マリー」のツムを使って、いかに高いスコアを稼ぎだせるかを競うという内容でした。

そして第3回目となる今回(2017年5月)は、「美女と野獣」シリーズのツムが主役。上で紹介している7種類のツムのいずれかを使っていかに高いスコアを稼ぎだせるかを競います。

イベント上位に入賞すれば景品ももらえちゃいます!

スコアチャレンジの遊び方

グループを選択

美女と野獣スコアチャレンジ

今回のスコアチャレンジは、3つのグループに分かれてスコアを競い合う形になります。

  • 野獣・ロマンス野獣・ガストンが使用できるグループA
  • ベル・ロマンスベルが使用できるグループB
  • ルミエール・ポット夫人が使用できるグループC

3つのグループすべてに参戦することも可能です。

あとはハイスコアを目指すだけ!

美女と野獣スコアチャレンジ

遊び方は簡単。

グループを指定し、美女と野獣シリーズのツムをマイツムに設定してゲームをプレイするだけ。

そのときのスコアが、ランク付けされます。ランクはS〜Fまでの7段階に分かれています。

S〜Fの各ランクの境界線(ボーダーライン)は、参加者全体のスコアに応じて変動します。これはたとえば、イベントが開始されて間もない頃は 350万点 とれてれば Aランクに入れたとしても、しばらく時間が経過して 400万点、500万点を取る人がゴロゴロ出てくると、350万点ではAランクに入れなくなって、Bランクに格付けされてしまう、ということです。このボーダーラインは常に変化し、1時間ごとに更新されるとのこと。ただし、イベント終了6時間前からこのボーダーラインは変動しなくなるとのことです。一度高得点を出したからって安心できませんね。

スコアチャレンジの報酬(景品)は?

このスコアチャレンジの報酬は限定ピンズ!

ランクに応じたピンズが数種類あり、最終的な自分のランクに見合ったピンズを報酬として受け取ることができました。

なので今回もピンズがもらえるものと予想されます。ピンズはここでしか入手できない限定アイテムなのでぜひツムツムファンとしてはぜひGETしておきたいですね。

※以下は前回のスコアチャレンジの際のミッキーのピンズ。

スコアチャレンジピンズ

▲ランクに応じてピンズがもらえる!

どのグループに入る?

野獣グループは激戦地区!

野獣グループ

野獣グループは間違いなく激戦地となります。

というのも、既存ツム「野獣」をスキルレベルマックスまで育てたユーザーが数多く参加してくるためです。

初心者~中級者の方はこのグループには参加しない方が無難です。

ねらいはルミエール&ポットグループ

いちばん競争がゆるいのは「ルミエールとポット夫人」のグループです。

参加者の多くはスキルレベルをまだそれほど育てられていないためです。

逆に言えば実力本位のグループともいえますが。。 

スコアチャレンジで上位に入るには?

スコアチャレンジで上位に入るためには、できる限り高得点を出す必要があります。高得点をとるコツをおさらいしましょう。

◆ツムレベルを上げる

・ミッキーのスキルレベルを上げる…当たり前ですが、スキルレベルが高いほどスキル発動時に消せるツムの数が増えるので、出来る限りミッキーのスキルレベルは上げたいですね。

・その他のツムのツムレベルを上げる…ミッキーと一緒に出てくるツムのツムレベルを上げることで、最終的なスコアを底上げすることができます。ちなみにミッキーと一緒に出てくる可能性があるツムは以下。これだけ沢山あると、全部を短期間にレベルアップさせるのは難しいですが…。

ドナルド デイジー プルート プー ピグレット ティガー イーヨー スティッチ スクランプ マリー レディ ペリー ジャック サンタジャック サリー ゼロ リトルグリーンメン ロッツォ ダンボ 白うさぎ チェシャ猫 ヤングオイスター バンビ オラフ フランダー セバスチャン パスカル ハチプー ベイマックス ラビット ハワイアンスティッチ マックイーン メーター レックス ランドール スカットル マイク サリー ジーニー ほねほねプルート

◆フィーバーをうまく活用して高得点を狙おう

フィーバー中は得点が通常の3倍になります。なので、フィーバーの回数をなるべく多くすることで、高得点が稼げます。フィーバー回数を増やすためには、ボムを通常時に使うのが効果的です。また、スキルはなるべくフィーバー中に使用しましょう。スキル効果でツムをたくさん消した時に入る点数が通常の3倍になるからです。

◆小技で得点を稼ごう

  • ボムは中央付近に発生させる→端っこより中央付近で使用した方がツム消去数が増えます。ロングチェーンの終着点が中央にいくようにしましょう。
  • ロングチェーンでツムが消えてる最中にボム使用→ツム落下が早くなり時間の無駄をなくせます。
  • ツムが消えている最中も次のツムを繋げて消す→時間の無断をなくせます

◆アイテムを活用して高得点を稼ごう

降ってくるツムの種類を1種類減らすアイテム「5→4」や、最終得点が+αで増える「+Score」、プレイ時間が少しのびる「+Time」、ツム消去数6でボムが発生する「+Bomb」といったアイテムを使用することで、普段よりもだいぶ高い得点が狙えます。スコアチャレンジイベント期間中はアイテムが普段より安く変えるアイテムセールも同時開催されてますので、こちらも活用してより高い点を目指しましょう!

◆コンボで得点を稼ごう

コンボが続くとツムを消した時の得点加算が多くなります。なので、なるべくコンボが途切れないようにツムを素早く消しましょう。ただし、フィーバー中だけはコンボが切れないルールなので、フィーバー中は長いチェーンをつくるチャンス。

◆マイツムのレベルを上げよう

通常の得点とは別にマイツムのレベルに応じたボーナス得点が入ります。マイツムのレベルが高ければ高いほどボーナス得点が貰えるので、特によく使うツムはレベルアップさせておきましょう。今回の場合はミッキーですね。通常ミッキーのレベルをアップしておきましょう。

◆プレイヤーレベルを上げよう

プレイヤーレベルに応じたボーナス得点がもらえるため、こちらも上げておきたいところ。

◆アイテムを活用して高得点を稼ごう

降ってくるツムの種類を1種類減らすアイテム「5→4」や「+Score」「+Time」「+Bomb」といったアイテムを使用することで、普段よりもだいぶ高い得点が狙えます。アイテムは時々セールで安く使えることがあるので、もしスコアチャレンジ開催期間中にセールがあれば積極的に活用していきましょう。

◆タッチペンを使って高得点を稼ごう

タッチペンや画面フィルムを使うと、指よりも滑らかに、細やかに画面をなぞることができます。ツムツムユーザーがよく使ってるのは「su-pen」というタッチペン。また、これにプラスして強化ガラスフィルムや、アンチグレアフィルムといった画面フィルムを使用する人も。自分にあったタッチペンを探すのも楽しいかもですね。 

<スポンサードリンク>

おすすめのトピック

▼▼ PR ▼▼

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事

最近の投稿