ツムツム コンサートミッキーの評価・特徴・使い方

ツムツム コンサートミッキーの評価・特徴・使い方

コンサートミッキー

ツムツムに登場する「コンサートミッキー」について、特徴・評価・使い方などをまとめてご紹介。

スポンサードリンク

コンサートミッキーの評価まとめ

項目評価
コイン稼ぎA
スコア稼ぎSS
難易度普通
得意なミッションEXPを稼ぐミッション
総合評価S

※評価は高い順に、SS>S>A>B>C となります。SSが最高クラスでCが最下クラスです。

※得意なミッションは、ビンゴやイベントで力を発揮できるミッションのことです。

評価まとめ

スキルレベルMax(スキルマ)では、アイテム併用で1,000~2,000万点を超すことも可能なとても強力なツム。そのうえ初心者でも扱いやすいスキルということもあり人気も高いツムです。ただしスキルレベルを5以上まで育てない限りコインもスコアも稼げず、大器晩成型のツムといえます。

コンサートミッキーの基本情報・特徴

コンサートミッキー

 
入手方法現在入手不可
スキル内容でてきた音符をタップ!まわりのツムを消すよ
音符の数SLV1: 3
SLV2: 3〜4
SLV3: 4
SLV4: 4〜5
SLV5: 5
SLV6: 5〜6
ツムスコア(LV1)120
ツムスコア(LV50)1100
スキル発動に要する消去数14個
スキルマまでに必要な数36個

スキルの特徴

カラフルな帽子がとっても可愛らしいコンサートミッキーは「でてきた音符」をタップ、「周り」のツムを消すよ!というスキルをもつツムです。スキルを発動するために必要なツムは14と少なめなので、ライトユーザーにも使いやすいツムでもあるといえます。スキルを発動すると左下にコンサートミッキーのシルエットが現れ、音符ボムが漂ってきます。その後は、自分の好きなポイントでボムをタップすると、そこでボムが破裂して周辺のツムを破壊してくれます。

使い方のコツ

このキャラクターを使いこなすコツは、コンサートミッキーが指揮棒を振る動きに合わせてタップをする、というものです。ですが実際にはわかっていない部分も多いといわれているので、あまり難しく考えずにタップとスライドを続けることが、得点アップにつながります。音符ボムが画面の真ん中あたりに来たタイミングを見計らってボムを壊すイメージです。

スキルレベルが上がっていくごとに出てくる音符のボムの数がどんどん増えていくのも特徴の一つで、スキルレベル1の状態ではボムが3個、スキルレベルMax(スキルマ)では5~6個のボムが出てきます。コンサートミッキーはスキル発動中時間がストップしてくれるので、スキルを目いっぱい使うことができるのも嬉しいですね。音符ボムはタップしないで放っておくと壊れてしまうので、上に上がりきる前に壊しましょう。ボムの色によって消去できる数は変わり、ピンクが最も消去数が多いといわれています。その後は青、緑と続いていきます。タップではなくスライドでも消すことが可能です。 コンサートミッキーで高得点を目指すためには、スキルが3までの間には出現する音符のボムが少なく、点数をアップさせることは難しいのが特徴です。ですので、高得点を必ずゲットしたい!という人は、4~5にスキルレベルをしておくことをおすすめします。

なお、スキルレベル5とスキルレベルMax(スキルマ)の状態はあまり変わらないという声もあるようなので、闇雲にスキルレベルMax(スキルマ)にする必要はあまりないかもしれませんね。

コンサートミッキーってどんなキャラクター?

大演奏会

コンサートミッキーは、ウォルトディズニー製作の短編映画作品の一つの「ミッキーマウスシリーズ」であるミッキーの大演奏会に登場するミッキーです。この作品はディズニー作品としては初めてのテクニカラー作品であり、長年多くのファンから親しまれている作品です。ドナルドダックとミッキーマウスの喧嘩で展開する演奏の様子がコミカルで笑いを誘う内容となっています。 映画の主人公であるねずみのミッキーは、楽団の指揮者を担当しています。赤い鮮やかな衣装が特徴的なミッキーは、仲間たちと一緒に楽しく「ウイリアム・テル序曲」を奏でていました。そこにあらわれたあひるのドナルドによって、演奏が邪魔されてしまいます。コンサートミッキーは、ドナルドのからかいをうまくかわすことができず、怒ってばかりになってしまいます。普段のスマートなミッキーとはまた違った印象があるのが、このキャラクターの特徴です。

コンサートミッキーは○○のツム

コンサートミッキーは以下のツムに該当します。ビンゴやイベントのミッションで以下のツム指定があった時にコンサートミッキーを使用できます。

<スポンサードリンク>

おすすめのトピック

▼▼ PR ▼▼

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事

最近の投稿